2018年11月14日 (水)

くぢら餅

お願いして買ってきてもらいました!
山形地方の伝統ある餅菓子『くぢら餅』
”くら” ではなく ”くら” です。
でも”鯨”が入っているわけではありません(笑)

もち米・うるち米・砂糖で作られた超シンプルなお菓子で、
中にはクルミが入っています。

歴史を感じさせるパッケージ・・・(画像はコチラより拝借しました)
Meiyukuziramochiakazato1

かき餅のような姿・・・(画像はコチラより拝借しました)
Meiyukuziramochiakazato2
 
下記のように1cmぐらいにスライスして、
柔らかいうちはそのまま食べておいしく、
固くなってきたら、フライパンで軽く焼いたり、チンしたり!
姿はかき餅と似ていますが、
日が経ってもあまりカチコチにはなりませんgood
 
Imag1779

Imag1781

味は・・・ほぼ”くるみ柚餅子”と同じですhappy02
でも柚餅子ほど甘くなく、そこまでお菓子感もありません。
お菓子というよりお餅です(笑)
食感は私が好きな”すあま”に近い!
というか・・・材料もほぼすあまと同じではsign02

(株)明友のくぢら餅三種類(赤・黒・白)
写真は赤砂糖ですが、
お醤油が入っているので温めると香ばしい香りが~heart04
ついつい食べ過ぎてしまい危険ですcoldsweats01
 
日持ちするので、昔は狩りや戦に携行するなど
人々に愛されるお菓子だったらしく、
”久しくも持ち歩いて良い”から”久持良餅”と書くことも。
山形県では桃の節句の時期に家庭で作られ、
お雛さまにお供えする風習があるそうです。
 
山形出身の友人知人に
作ったことがあるか尋ねてみようっと!
 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ

«電子レンジ固定しました!

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚↓

  • ブクログ

参加しています↓

来訪者様 ~ありがとう~

  • Flag Counter