« ガーデナーに相談 | トップページ | 駐在員が主人公の小説 »

2013年8月27日 (火)

Mission Inn Hotel in Riverside

先日のこと、地元アーバインからは車で40分rvcar
オランジカウンティ内でも比較的大きな町であるRiverside に行ってきました。
目的は歴史あるホテル Mission INN の見学です。

Replacement_2 ←公式HPより 
 
 
ホテルには、鐘楼、時計台、礼拝堂やドームがあり、
名前の通りまるでミッションのような風情があるホテル
1876年にFrank A. Miller氏が12室のゲストルームから始めたのが起源。
その後、増築を繰り返し現在の姿に。
 
Dscf0367 

現在は「観る」ホテルとしても人気があるそうですcamera 

レンガ、ステンドグラス、彫刻、花々に囲まれ、木のぬくもりが溢れるホテルは、
ここが市街地であることを忘れさせてくれるほどに異空間、
落ち着いた雰囲気はまるで美術館内を散策するような気分です。 

多くの見学者がいたので宿泊していなくても気兼ねなくウロウロできました~coldsweats01
 
 
木の柱と梁が並ぶロビー
 
Dscf0374  Dscf0439
 
照明と絵画とレンガの雰囲気が落ち着きます
 
Dscf0386  
 
パティオの眺め
 
Dscf0388  Dscf0394
 
4階建てで、各フロアには外回廊がありパティオを見下ろせます
 
Dscf0402  Dscf0418
 
ホテル敷地内の礼拝堂
 
Dscf0411  
 
地階。古い建物のため、天井は低く、ドアも小さく可愛い。
単純な長方形のドアは少なく、どれも凝った造り
 
Dscf0444  Dscf0420
 
客室フロアのエレベーターホール 
 
Dscf0422

壁画やタイル、アンティーク調度品などがさりげなくアチコチに
 
Dscf0414  Dscf0415  
 
ホテル内散策後の一休みはロビーのラウンジにてcafe
 
ここを訪れた10人の大統領の肖像画を掲げた、その名も Presidential Lounge
ホテルは、ニクソン大統領の結婚式やレーガン大統領のハネムーンなどで有名。
その他、アイシュタインやヘレンケラーなど、著名人来歴はコチラ
 
20130825_155603   Dscf0380

なぜか?!ホテル入口の大きなケージにはインコが2羽
Welcome!Hello!Bye-Bye!Enjoy!他、しゃべってくれるそうです。
しばらく見ていましたが残念ながら応答してくれず・・・bearing
 
Dscf0373  
 
ちなみにリバーサイドは柑橘系果実の栽培で有名な土地。
フリーウェイを降りてからホテルまで、
通過したストリート名は、ライム⇒レモン⇒オレンジでしたsign01
 

一時間ほどの見学でしたが、近場ながら、
無料でちょっとした観光気分を味わえるオススメのスポットですgood

 
 
綺麗な画像はこちら公式HPのギャラリーでみれます。
私の写真の100倍ぐらい素晴らしさが伝わりますので参照くださいませcoldsweats01
 

そして・・・今さら気づいた・・・sweat02
名物『螺旋階段』を見落とした・・・shock

 
 
参考pencil
このホテルの目玉はクリスマスシーズンのライトアップ『Festival of Lights』
20年間続いているイベントだそうです!
その時期にまた来ようと思いますxmas 
 
   

ブログランキングに参加しています
応援のクリックを頂けると嬉しいです(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

« ガーデナーに相談 | トップページ | 駐在員が主人公の小説 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/58072903

この記事へのトラックバック一覧です: Mission Inn Hotel in Riverside:

« ガーデナーに相談 | トップページ | 駐在員が主人公の小説 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter