« ベニスビーチであわや・・・ | トップページ | 見落としだらけの Huntington Library »

2013年8月 5日 (月)

The Gamble House(ギャンブルハウス)

パサデナの郊外、高級住宅地の中に佇むギャンブルハウスに行ってきました。
 
ギャンブルといっても賭け事とは関係なく・・・
1908年、権威ある建築家チャールズ・グリーン/ヘンリー・グリーン兄弟が建てた
<P & G>の2代目経営者ギャンブル一家の旧自宅です。
(ちなみに<P & G>は Procter & Gamble の略!)
 
ギャンブルハウスはグリーン兄弟の建築物の中でも最高傑作といわれており、
家の中の調度品類も全て兄弟の作ったものだそうです。

 
Dscf0120
 
と~っても素敵な木造建築ですsign01青空とグリーンに映えてますますイイ感じ sign03
右のせり出したテラスでお茶したり読書したり居眠りしたり、最高だろうな~
 
Dscf0138
 
玄関の雰囲気も素敵ですね~、あ~こんな別荘があったら・・・(妄想中gawk
なぜかイメージは信州の高原とかになってしまうのは日本人だから仕方ない。
 
Dscf0137
 
 
家の外観は、映画『Back to the Future』の「ドクの家」として使われています。
 
敷地内にある書店 兼 受付の小屋は、
デロリアンが保管されていた倉庫として使われたそうです。
 
Dscf0132  
 
さてさて、お次は有料の屋内見学へ。
この書店カウンターで屋内ツアーを申し込むのですが・・・なんと本日完売impact 
 
 
ガ~--ン、ショック、凹む shock 
でも、そもそも突然思いつきで来たのだから仕方ない。 
 

それに、前もってガチガチに計画しておくのはあまり好きでない。
使えそうな情報は日頃からなんとなく集めておいて、
それらをその場で臨機応変に組み合わせて気ままにフラフラ。
我家流<行き当たりばっ旅> 
 
 
まあ、そのせいで観れないわけだ・・・coldsweats01

 
普段なら当日購入でも余裕だそうですが、工事中で人数制限しているそうです。
確実に見学したい方は是非WEB予約をsign01
 

 
。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。 

 
予定外に時間が出来てしまったので Old Pasadena の Sushi Roku で前倒しランチcoldsweats01
久々のお寿司は美味しかったけど、唐揚げ($10.00)がショボッ

Dscf0139  Dscf0142
 
 
<記事:見落としだらけの Huntington Library に続く>
 

ブログランキングに参加しています
応援のクリックを頂けると嬉しいです(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ 

« ベニスビーチであわや・・・ | トップページ | 見落としだらけの Huntington Library »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/57949315

この記事へのトラックバック一覧です: The Gamble House(ギャンブルハウス):

« ベニスビーチであわや・・・ | トップページ | 見落としだらけの Huntington Library »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter