« 周遊ドライブ・その6(チマヨ) | トップページ | 周遊ドライブ・番外編 »

2013年9月30日 (月)

周遊ドライブ・その7(サンタフェ・ダウンタウン)

4日目、夕方からはサンタフェのダウンタウン観光ですeye
サンタフェとはどのような街かというと・・・

 ・アメリカで最も古い州都
 ・アメリカで最も高地にある州都
 ・「アメリカの宝石」と呼ばれる美しい観光都市
 ・「気取っている都市ランキング5位」
2013・CNN調査) 等々

景観維持の為に厳しい建築基準が設けられている町並みは大変美しく
州都なのに高いビルは皆無に等しいです。
歴史的建造物が数多くあります。
工芸品も多く「芸術家の町」とも言われているそうです。
 
時間が限られているので駆け足でスタ~トshoedash
 
 
Round House と呼ばれる州会議事堂
中にはギャラリーもありお役所のイメージは全くありませんでした! 

Dscf1325 
 
Dscf1316 
 
Imag0304  
 
サンタフェ駅サンタフェ鉄道、雄大な形式を景色を観光列車が人気です。
1時間ちょいのツアーなので、時間があれば乗ってみたかったなぁ~
意外と閑散としていました・・・列車が到着すると賑やかになるのかな?

Dscf1299_2
  
Dscf1303_2
 
アメリカ最古の教会 San Miguel Church 
アドビ様式のザ・サンタフェ的なスタイルです。
14世紀にスペインから運ばれてきたアメリカ最古の鐘「サンホセの鐘」があり、
叩き鳴らすことができましたbell。 
 
Dscf1330
 
Imag0306  
 
Imag0309

『奇跡の階段』で有名な Loretto Chapel 
一本も支柱がない不可思議な螺旋階段があります。
この階段はいまなお構造上の謎が残るそうですよ!
登ることは出来ません、観るだけですcamera

この階段の誕生についてはいろいろな逸話があるそうですが、
興味のある方はコチラの超常ネタが書かれているブログの解説を一読されると
物語として面白いかもしれません!
 
Dscf1334_3
  
Dscf1335
 
Dscf1336  
  
Dscf1339_2  
 
アメリカ最古のマリア像がある The Cathedral Basilica of St.Francis
時間の都合で残念ながら中を拝見することはできませんでしたsweat01
泊まったホテルの目の前にありました!
 
Imag0328
 
Dscf1350
 
Dscf1378  
 
ちなみに、泊ったホテルもアドビスタイル、
立地場所と古さの為かこじんまりとして狭さは感じましたが、
部屋の中のさりげないアート作品がご当地感覚でしたgood
 
Dscf1355_2
 
街中の建物はほとんどが茶褐色で色味はありませんが、
その分、お土産物店やちょっとしたアート作品が目を引きます。

 
みていて本当に楽しい街でした、半日では到底見切れません!
サンタフェだけでも十分に2泊ぐらいする価値はありますsign01

Dscf1343_2
  
 
Imag0345_3
 
 
Dscf1347 
 
  
Imag0339

日が暮れるまでプラプラ散策を楽しんで、
サンタフェ観光は終了sign01 
 
今日はとっても長い記事になってしまいましたsweat02
 
Dscf1357   Dscf1377  
 
今回、時間の都合で行けなかった
アメリカ最古の家 、アートストリ-ト「Canyon Road」 、美術館などは
またいつか再来の機会があれば訪れたいと思います。
なかなかチャンスはなさそうですが・・・
 
夕食は脱・メキシカンということで、イタリアンを頂きましたrestaurant

 

明日からは帰路につきます。
州最大都市アルバカーキを経由し、フラッグスタッフで中継の一泊予定。
 
明日からは再び長いぞ~遠いぞ~rvcardash 
  

本日の走行:150マイル≒240キロ 
車に優しい1日でしたgood
 

 

 

ブログランキングに参加しています
応援のクリックを頂けると嬉しいです(^^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

« 周遊ドライブ・その6(チマヨ) | トップページ | 周遊ドライブ・番外編 »

コメント

さすがアメリカの誇る美しい町、サンタフェ、古いものが大切に使われ、保存されているんですね。ゆっくり歩いてみて回ると一層親しみがわいてきそうですね。
アメリカって自然を大胆に開発して、道路や町を作ってしまうけど、古いものを大切に保管したり保護していく国なんですね。
文化的には、200数十年の歴史しかないのですから、心情としてよく理解できます。

アラグリさん
 
そうですね、短い歴史だからこそ、観る者すべてに歴史が凝縮されているような気がしてきます。サンタフェは本当に素敵な町でした。
今のところ私にとってのNo.1タウンです☆
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/58299344

この記事へのトラックバック一覧です: 周遊ドライブ・その7(サンタフェ・ダウンタウン):

« 周遊ドライブ・その6(チマヨ) | トップページ | 周遊ドライブ・番外編 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚↓

  • ブクログ

参加しています↓

来訪者様 ~ありがとう~

  • Flag Counter