« Cirque du Soleil (Irvine公演) | トップページ | アメリカのカップ麺 »

2013年12月10日 (火)

アナログ手紙と切手

旅先から絵葉書を頂くととても嬉しくなります。
『今△△にいます!元気?』みたいな内容に笑みがこぼれます。

日頃、メールやSNSで手軽にやりとりしているからこそ、
時間をかけた手書きの手紙がはるばる旅先から届くのが
特別に感じるようになってきているのかもしれません。
 

そのせいかな?私も旅先では絵葉書を買います。
 
日本にいるときは旅先の郵便局に立ち寄り、
地元の記念切手を購入し、カウンターで走り書きして投函することもpostoffice
 
アメリカでも変らず、旅先では絵葉書を購入しています、
大抵は時間がなくて、自宅に帰ってから書くことが多いのですがcoldsweats01
 
Dscf2752_2

改まって書くほどの内容や付き合いがない場合でも、
旅先からなら気軽に書きやすいwink

 
先日、亡くなった義父の遺品を整理していた時に、
私が義父宛に送った絵葉書やカードが保管されているのを発見しました。
気まぐれで送っていたつもりでしたが、見返すとそれなりの枚数に。
その時々の写真、近況、心情が文字にも表れており、
改めて手書きならではの捨てがたい良さがあるなぁ・・・と思いました。

 
そろそろ、クリスマスカード&年賀状のシーズン。
数少ない手書きのチャンスですね!

 
 
ちなみに、我が家は喪中ですが、
喪中を理由に賀状を遠慮するのは日本だけの習慣、
アメリカでは喪中でもクリスマスカードを送りあうのは普通の様です・・・・
こういうのは、ルールというより、心情(信条)の問題ですけどね~

 
 
参考までに・・・

米国から日本への国際普通郵便は1オンス(約30g)1.1ドルdollar
1.1ドル分の切手を貼り、JAPANとさえ書いておけば宛先は
日本語でOK。書き忘れると差し戻されますよ~coldsweats01

1.1ドル分の切手の代わりに、こちらの Global Forever Stamp がお勧め。
これ1枚で1.1ドル分の価値がありますが、
切手上に金額の記載はありません。
 
57880401main290x290 58700401main290x290

そのわけは・・・

仮に郵便料金が1.1ドル⇒1.5ドルとかに値上がりしたとしても、
そのまま国際郵便1オンスを送付するための権利が生きる為
追加切手ナシで利用できるのですsign01

アメリカの郵便料金はここ数年毎年値上がりしているらしいので、
この Forever Stamp をまとめて購入しておくのは賢そうです。
国内用 Forever stamp (46セント)はさらに多種多様ですよdown
 
Home_holidaystore2013715x182_2
 
国内用の方が選ぶ楽しみがあるので、
ちょっと損だけど、46セントを3枚使うというのもアリですねgood
 
2007年から発売され始めた Forever Stamp 、
今では切手の主流になっているようです。
 
アメリカではイベント毎にカードを送る文化があるから、
切手もカードも種類が豊富だし、進化するのかもしれません。
 
日本の年賀状文化、好きですし、大切な文化の一つだと思うけれど、
同じような色形のハガキに印刷された切手・・・・
ちょっと色気が不足しているかも~と、カード売り場を眺めて思う今日この頃xmas
でも・・・、
いざ書く段になれば、
あのシンプルさがすこぶる扱いやすく助かるのは自明の理bleah
 
 
 
 
あ~、早くも師走ですね~、一年早っdashdashdash
 

 

ブログランキングに参加しています
応援のクリックを頂けると嬉しいです(^^)
メール(←)コメント(↓)いつも有難うございます☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

« Cirque du Soleil (Irvine公演) | トップページ | アメリカのカップ麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/58718819

この記事へのトラックバック一覧です: アナログ手紙と切手:

« Cirque du Soleil (Irvine公演) | トップページ | アメリカのカップ麺 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter