« Route 395 (その3:Mono Lake ) | トップページ | 傷消しクリーム »

2014年5月31日 (土)

Route 395 (その4:Bodie & June Lake Loop )

395号線を Bodie Historical Park へひた走ります。

車窓からは見えるのは、
緑の草原と、残雪が残るシエラネバダの山々。

同じ一本道でも、
砂漠の中の何十キロ先まで見える退屈な直線道路より
断然走り甲斐のあるScenic Road ですeye
 
Dscf5471
 
途中、遭遇した羊・・・群れ過ぎです!バリカン跡が生々しい・・・coldsweats01
 
Dscf5371
 
395号線から270号線に曲がって13mile先が公園。
 
曲がる直前から公園までの全ルートの
ノンストップ早送り動画
(約5分間:実際の6倍速ぐらい?)みつけましたので、
予習復習に↓↓(羊はこの道路沿いにいました)



ラスト3mileは未舗装道路dash (上記動画では3:08あたりから)
 
Dscf5375

先に進むほど激しい凸凹の悪路、
序盤の道(↓)が恋しくなるほど・・・後半は揺れますdanger 

Dscf5378
 
到着したのは、
19世紀後半のゴールドラッシュで、
当時は1万人超の人口をかかえ栄えたにもかかわらず、
金が採り尽くされた20世紀には全ての住民が去り
ゴーストタウンと化した都市 Bodie (金脈を発見した方がボディさん)

Dscf5411
 
ひと気のない高地に、200近い建物が残っています
Dscf5393
  
これは学校、内部は土埃で茶色く・・・
Dscf5414
 
Dscf5416
 
いくつかの建物は、内部見学可能。

立ち去る際、最小限の家財だけを持って行ったのでしょうか・・・、
土埃にまみれた家財が散らかっていました。
 
Dscf5447

崩壊寸前、
支柱に支えられてかろうじて建っているような建物も多数
 
Dscf5401
 
Dscf5392
 
栄枯盛衰・・・
 
Dscf5454

この公園内には近代的な建物がありません。
トイレも簡易式toilet
 
 
余談・・・ 
 
そんな僻地の公園でトイレ待ちをしていた時の
お隣さんの会話ear
 
金髪若娘 『ココに飲み水買える場所ある?』
初老夫人 『街まで下りないとないわよ!』
金髪若娘 『Oh!My God!Oh My Goooooooood!!』

 
アメリカではね、飲み水にありつくのが困難な場所が多いけど、
ここまで切羽詰っている方を初めて拝見eye
オネエチャン大丈夫だったかなぁ~
 
余剰なペットボトルがあれば差し上げても良かったけれど、
残念ながら最後の一本を開けてしまったところだったので・・・。

 
     
   
    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 
 
そんなこんなでボディの観光は終了sign01
 
北上はここまで!これより帰路、南下開始~rvcardash

帰路、一区間だけ、
赤矢印の158号線 June Lake Scenic Loop を経由しました。

Google_5

4つの湖の脇を走る林間道路、新緑が眩しいshine

Dscf5490  

適当なところに車を停めつつ、のんびり走ります。
レストランやショップ等はJune Lake 付近に集中していましたcafe

@Silver Lake 付近
雪解け水が滝となって流れ落ちているのが見えます
Dscf5489

@Gull Lake
Dscf5507

@June Lake 
Dscf5498

Dscf5496_2

ちょっと遠回りになりましたが、迂回する価値はありましたgood
 
 
 
午後2時、395号線に合流、後はひたすら走ってきた道を戻る戻る・・・

午後9時、無事帰宅japanesetea 

翌日メモリアルデーは洗車へと走りました!!

 

 

ランキングに参加しています、
応援クリックを頂けると嬉しいです(^^)
メールやコメントを、いつも有難うございます★

ブログランキング・にほんブログ村へ

« Route 395 (その3:Mono Lake ) | トップページ | 傷消しクリーム »

コメント

羊さんが集団でいますね。こっちでも羊さんは珍しく無いですがここまでの集団は見たこと無いです。

荒れ地の中のゴーストタウンがアメリカ西部らしいですね。
とくに古いトラックの残骸が。
廃屋のガラスが割れていませんがある程度管理されているのでしょうか?

その後の美しい森と湖と雪山、ギャップがありすぎます。

湖きれいですね~学校もかわいい、大自然は厳しいけど美しいかな!

ポンポコぽこたんさん
 
羊の集団、ちょっと群れの多さにギョっとしました^^;
広さがあるせいか、場所場所で全く違う景色を楽しめるのが
ありがたいな~と思っています。
廃屋は・・・多分、観光客に危険のない程度には管理されているのかな?!
勉強不足でわかりません(汗)
夏本番で日中の外出が少々億劫にな陽気になりつつあるアーバインです。

アボカドさん
 
コメントありがとう!
南カリフォルニアには自然の湖が少ないので、
こうして足をのばして豊かな水を見ることができると癒されます☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/59722918

この記事へのトラックバック一覧です: Route 395 (その4:Bodie & June Lake Loop ):

« Route 395 (その3:Mono Lake ) | トップページ | 傷消しクリーム »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter