« とりとめない紙の話・・・ | トップページ | Sequoia & Kings Canyon その1 »

2014年6月 4日 (水)

パームツリーを救え!

以前も書きましたが、我が家の庭は
掘り返すのもままならない、学校の校庭のようなカチカチの土。
陽当たりが良くないので、育っているのは
背丈のあるハイビスカス・極楽鳥花・パームツリーばかり!

<記事:ガーデナーに相談 参照>
 
時々、庭にキノコが生えてきてビックリsweat01 
↑この乾燥著しいカリフォルニアでありえない現象・・・
 
 
年に数回、Queen Palm に花が咲き、種をつけます。
パームツリーの花ときくとさぞや華やかそうですが、
華やかさは微塵もなく、かなり厄介なシロモノ・・・
  
7m位(?)
の高さからバラバラぽろぽろと落ちてくるので
四方八方、庭中を散らかします。
庭は毎日豆まきの後のような状態です・・・掃除大変bearing

<花と実>
Photo_3
 
<ススキのような花>
1
 
<花の後、たわわに実る房>

1_2
 
2

3

去年は自腹でガーデナーにトリミングを依頼、かなりの出費でしたcrying
今年はどうしようか・・・
 
この木は明らかに大家さんの所有物だし、
大家さん負担してくれないかな~と悩んでいた矢先に、
とうとうお隣さんからクレーム受けちゃいましたdanger
 
玄関ドアに貼ってありました・・・

 
Photo_2

 
今までは何かと財布の紐が固く、かなり放任主義だった大家さんですが、
このメモをみせて相談したら、さすがにリアクション早っdash
半日以内にガーデナーが見積りにやってきましたscissors
 
ただし、ガーデナーはドリトス(Doritos)をつまみながらの登場(--;)
 
現状を説明し、話をきいたところ
大家さんはこの巨大な木を丸ごと切り倒す意向らしい!
 
話をきいてしばらくは、
『切っちゃえば、この先ずっと煩わしい思いをしないで済むか』
と思っていたのですが・・・
 
2階の屋根を超える高さまで育った木を見上げていたら
切り倒すのが忍びなくなってきてしまいました。
 
この木は、お隣さんとの目隠しの役割も果たしてくれていたし・・・
この木に集まるも結構いたし・・・
ある意味、冴えない庭のシンボルツリーでもあるし・・・
切るのはいわゆる環境破壊かもしれない・・・

 
考え出したら木の行く末が哀れで眠れなくなってしまったsweat02
迎えた明け方、大家にメール。
 
年に数回、開花の度にガーデナーに手入れさせれば問題は解決できます!
 
今までの大家の様子からだと
『毎回は手間だから切り倒します』的な回答を覚悟していたのですが・・・
『残す方向で検討します』との返事でしたgood
 
まだ決定ではありませんが、
救済の可能性が出てきたのでホッとしているところ
しかも、去年負担した費用の半分を払ってくれるとの申し出!
ヤッタ~
 
ちなみに、昨年$280かかったのですが、
旦那君が間違えて$180と伝えてしまった・・・、
まぁ、多少でも戻ってくるならイイヤと、敢えて訂正せず(^^;)

 
今週末には最終決定が下される予定です。
パームツリーの運命や如何にsign02
 





 

ランキングに参加しています、
応援クリックを頂けると嬉しいです(^^)
メールやコメントを、いつも有難うございます★

ブログランキング・にほんブログ村へ

« とりとめない紙の話・・・ | トップページ | Sequoia & Kings Canyon その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/59766759

この記事へのトラックバック一覧です: パームツリーを救え!:

« とりとめない紙の話・・・ | トップページ | Sequoia & Kings Canyon その1 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter