« 靭帯損傷 | トップページ | 心持ちは、最後の晩餐 »

2014年9月13日 (土)

コルクの木

コルクはコルク樫の樹皮をはぎとり、
打ち抜いてワインなどのコルク栓になっているそうです。

そのコルク樫(Cork Oak)を初めてみました!
 
Dscf9090_2
 
Dscf9086

多孔質で弾力性、耐水性、保温性があり・・・
触って押してみたけれど、感触はまさにコルクそのものsign01(当然?!)
樹皮は、木を傷めないよう十数年に一度だけ
はぎとられるそうです。

コルク以外に、硬球の芯バドミントンのシャトルなどにも利用。
主な産地はポルトガルだそうで、コルクを打ち抜いた後の端材は、
粉砕され、フローリング材などになるとか。(Wikiより)
 
San Diego Botanic Garden の目玉はこのCork Oak でしたeye
 
かなりひっそりと地味な植物園。
庭にはいくつかのアート作品がありましたが、
いずれもクモの巣まみれだったし・・・入場料$14はちょっと高いかなsweat02
 
Dscf9186
 
Dscf9087
 
Dscf9134


それでも、入ってしまったからにはと、存分に散策を楽しんできました。
 
<花編>
 
Dscf9082
 
Dscf9094
 
Dscf9124
 
Dscf9163
 
Dscf9136
 
Dscf9121
 
<緑編>
 
Dscf9172
 
Dscf9116
 
Dscf9101_2
 
Dscf9169
 
Dscf9176
 

懐かしい○×の玩具が・・・
 
Dscf9161
 

dangerSan Diegoと地名がついていますが、
サンディエゴのはるか手前、カールスバッドのちょっと先、
アーバインから一時間の場所にあります。

コスパ面では、Fullerton Arboretumの方をオススメします。
<記事:Fullerton Arboretum(炎天下の散歩) 参照>

 

ランキングに参加しています、
応援クリックを頂けると嬉しいです(^^)
メールやコメントを、いつも有難うございます★

ブログランキング・にほんブログ村へ 

« 靭帯損傷 | トップページ | 心持ちは、最後の晩餐 »

コメント

オーク材の家具は重くて日本の家屋には不向きと聞きますが、コルクの材料になる木もあるんですね。
ワインの樽なんかのイメージがありますが、色々なんですね。
プルメリア、綺麗ですね、私、大好きです。
皆もに浮かぶ亀さんを見て、タワシを思い出しました。

toyitittoさん
 
こちらの家具は無垢材がふんだんに使われているので
家具を買っても持ち帰らない方もかなり。
toyotittoさん花好きですからネ、こういう場所はお好きかも。
タワシ・・・覚えていて頂けましたか~!
ちなみにこれはアカミミガメでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/60301836

この記事へのトラックバック一覧です: コルクの木:

« 靭帯損傷 | トップページ | 心持ちは、最後の晩餐 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter