« Balboa Island Ferry を見て思うこと | トップページ | 点灯! »

2014年11月15日 (土)

Laundry Symbols の統一

日本で、衣類や布製品に表示されている洗濯やアイロン等の表示、
通称「洗濯絵表示 / 取扱表示
その内容はJIS(日本工業規格)で定められています。
 
Cleaning_2

 
そして、日本で販売される衣類には、国産・輸入品を問わず、
全てこれら表示しなければならないことが
家庭用品品質表示法により義務付けられています。

ちなみに・・・、この義務を履行していない海外製品
タグを取り付けるまでは輸入が許可されません!
 
ちなみにちなみに・・・、海外で生産される衣類でも
タグだけは日本で製造し海外現地工場に提供していたり
することも間々あります。


この洗濯絵表示、実は日本独自のマークfuji
 
しかし、今年10月から、
これら日本独自の表示をやめ、
世界ISO標準にのっとったシンボルに統一されたそうですnew
一例をあげると・・・
 
(↓画像は花王HPより拝借)
Iso_2
 
アメリカ、カナダ、EU諸国と同じ表記になりますが、
馴染みがないのでわかりにくいですね~sweat01 (下記参照)
 
アメリカで購入した衣類にはこれらがついているのですが・・・、
取り扱いを気遣うような上等なものではないので、
私はほとんど気にすることはアリマエン(笑)


 
Laundrysymbols  
日本では”ドライ”=ドライクリーニングでしたが、
上記の Drying はあくまで家庭での乾燥の事。
Dry cleaning とは区別されています。

余談ですが、先日アイロンを買い替えました
立って使えるアイロン台も!(正直、邪魔です)
利用するのはもっぱら旦那君ですが・・・(笑)

 

消費者は慣れるまでしばらく大変ですが、
日本向け商品を製造している各国の輸出者にとっては
ありがたい標準化かもしれませんね!
 
 
   *-*-*-*-*-*-*-* 
 
かつて通関関係の仕事に携わっていたこともあり、
つい今日はこんなテーマで長々と書いてしまいました・・・
実は、機械やケミカルと同じかそれ以上に、
繊維製品や皮革製品の輸入は厄介なのです!

TPPの行方によっては状況が変わるのかな?
交渉は行き詰っているようですが・・・ 
 
   *-*-*-*-*-*-*-* 

<注> 
以下は、
好奇心がある方・暇つぶしがしたい方への
マニアックな内容です・・・

日本におけるあらゆる輸入製品の分類(関税率)は、
基本的には以下の流れで決まりますpencil

Ⅰ:実行関税率表から『部』⇒『類』を選択
Ⅱ:当該『類』税率表から品名(HS code)を洗濯
Ⅲ:輸出国や各種法律により適用される関税率が決定

* HS code = Harmonized System Code
世界共通のコードで、アメリカでも使用されています。

例えば・・・
 
<Question>
ロシアからヤギの毛で編まれた刺繍付きマフラーを輸入した場合
HS code 及び税率(%)は?
 
<Answer>
間違っているかもしれないので、記事に記載するのは
控えますネ (^-^;
 

 

 

ランキングに参加しています、
応援クリックを頂けると嬉しいです(^^)
メールやコメントを、いつも有難うございます★

ブログランキング・にほんブログ村へ

« Balboa Island Ferry を見て思うこと | トップページ | 点灯! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/60655628

この記事へのトラックバック一覧です: Laundry Symbols の統一 :

« Balboa Island Ferry を見て思うこと | トップページ | 点灯! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter