« Aerial Tramway の意外な回転 @Palm Springs | トップページ | 栗剥き60個 »

2014年11月 8日 (土)

Personal Bubble

英会話スクールなどで楽しいと感じるのは、
英語以外の+αネタだったりする。
(英語そのものについてはもはや諦めの境地デス)

今回は、
Personal Bubble という表現を初めて知りました!
(まぁこれも英語ではありますけどネ^^;)
すなわちパーソナルスペースの事だそうです。
 
ちなみにパーソナルスペースとは、
相手に近付かれて、不快だと感じる空間のこと。
 
(↓画像はWikiより拝借)
640pxpersonal_spacesvg_2

これをバブルと表現することが、言い得て妙ですね~good
使う機会もないであろう表現ですが
ヘェ~と感じることは脳科学的によいらしいし(笑)
 
ついでに調べてみました。
パーソナルスペースは以下のように区分されるそうです。

Intimate : 家族・親友・恋人・ペット
Personal : 友人・知人
Social : ビジネス、知らない人間同士
Public : 不特定多数
 
世界的に見ても日本人のパーソナルスペースは狭いらしい。
会社の先輩にもいらっしゃいました、
『おぉっ!何もそこまで近づいて話さなくても・・・』
という距離感を持たれている方がcoldsweats01
 
日米を比較すると・・・(カッコ)内は日本平均
 
Intimate :~46cm (~60cm)

Personal : ~122cm(~70cm)
Social : ~370cm(~90cm)
Public : 370cm以上(110cm以上)
 
Intimateの親密度はアメリカの方が高いです。
確かに、目にする夫婦やカップルの密着ぶりは
日本の比にならないheart01
 
ですが、それ以外の関係性においては、
日本人はアメリカ人よりはるかに互いに接近しているらしい。
 
それは日本人が・・・

基本的に他人を信用しているからなのか?
同じ人種ばかりという背景が影響しているのか?
声が小さいからか?
それとも単に国土が狭いからか?!
 
 
 
これだけ広いPersonal Bubble を持っているアメリカ人、
そりゃ~、あれだけ混雑した日本の通勤電車に
尻込みするのも納得です(^^;)

 

 
 

ランキングに参加しています、
応援クリックを頂けると嬉しいです(^^)
メールやコメントを、いつも有難うございます★

ブログランキング・にほんブログ村へ 

« Aerial Tramway の意外な回転 @Palm Springs | トップページ | 栗剥き60個 »

コメント

面白いですね♪島国だからなのか表現方法が文化的にちがうのか、ちょっとだけうらやましい気もします…(^^)

アボカドさん
 
Personal Bubble はひとそれぞれですから!
是非是非パートナーさんともっと親密になっちゃってください(*^^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/60615824

この記事へのトラックバック一覧です: Personal Bubble:

« Aerial Tramway の意外な回転 @Palm Springs | トップページ | 栗剥き60個 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter