« Skyr スキールという乳製品らしい | トップページ | ヨセミテ紀行 後編 »

2015年4月16日 (木)

ヨセミテ紀行 前編

4月の週末、ヨセミテ国立公園へ行ってきました。
行こう行こうと思いつつ
3年近く先延ばしにしていたのですが、よくやく!
幼少期に訪れて以来、実に40年ぶり ←齢がバレる(笑)
 
Dscf6363_2
   
ヨセミテ国立公園とは・・・
カリフォルニア州中部シエラネバダ山脈にある
氷河によって作られた峡谷一帯の自然公園。
急峻な岩山や、底を流れ落ちる滝、
雪解け水をたたえた湖や川、
それをとりまく草原と広大な森林地帯。
 
ヨセミテの四季・・・
、雪解けとともに花々が咲き
、緑が目にまぶしく爽やか
、高原は紅葉に彩られ
、白銀の山々はモノクロームの世界
ということで、どの季節もそれぞれの良さがありそうですが、
通行規制等の自由度を考慮すると
春&夏がベストシーズンと思われますgood
   
その他の詳細は、巷にあふれかえっているので
ココでは割愛させて頂きます(^-^;


AM 5:30
アーバインを出発
I-5 ⇒ CA-99 ⇒ CA-41を経由し5~6時間のドライブ
途中、車に少々異変が生じ、
「まさかの故障?」「まさかの中止?」と焦りましたが、
祈りが通じたのか異変は自然解消し、とりあえずホッcoldsweats01
 
PM 12:00
CA-41 にある公園南ゲートから入場、
16マイル先でGlacier Point Roadへ入ると路肩には残雪が・・・
この道路は3/28に冬期通行止めが解除されたばかり。

Dscf5443
 
PM 12:30
さらに16マイルほど山を登ると終点
そこはヨセミテを一望できるGlacier Point
熊対策ルールに従い車内の食品一式は
駐車場脇のFood Storage Box へ。

こんな真昼間の観光地にクマは出ないと思うけど、
とりあえず経験として利用してみました(笑) 利用者少なっ

 
Dscf5447
 
はやる気持ちを抑えつつ展望エリアまで向かいます!
シャーベット状の雪が思ったよりも滑るっsweat01
 
Dscf5505

Half Dome - The symbol of Yosemite -
ヨセミテバレーに威風堂々と屹立するドームは標高2700m
氷河のパワーを見せつけるようにスパッと半分!
残り半分は今頃どこにある・・・?
そんなどうでもいいことを考えたり。
この急峻を登頂した友人よ、あっぱれ也!
 
ず~ん
 
Dscf5454
 
ずず~ん
 
Dscf5469
 
ずずず~ん (^-^;シツコイ
 
Dscf5524
 
これから向かう Yosemite Valley を見下ろすと・・・
バレー内を蛇行するMarced River がよく見えます。
 
Dscf5470

写真↑左端には北米No.1の落差(739m)を誇る
ヨセミテ滝 - Upper Fall & Lower Fall - ↓拡大
 
Dscf5474
 
ハーフドームの右手にはバーナル滝ネバダ滝
 
Dscf5533
 
Dscf5526_2
 
PM 1:00
最初の立ち寄り先でテンション急上昇し、
馬鹿みたいに写真を撮りつつ1時間ほど過ごしてから
Uターンして Yosemite Valley へ移動開始 rvcardash

Glacier Point Road の途中にはTaft Point という
さらに標高の高い展望スポットへ向かう
トレイルヘッドもあります!

PM 2:30
CA-41に戻りしばらく走るとトンネルが。
トンネルをぬけると・・・そこは人気の展望スポット
Tunnel View -別名:Discovery View -
深い森と巨大な岩、静けさ
ヨセミテが『神々の庭』とも言われるのがわかる気がする・・・
 
左 - 巨大な一枚岩エルキャピタン
奥 - ハーフドーム
右 - ブライダルベール滝 ← 次なるはココへ
 
Dscf5548
 
Dscf5563
 
PM 3:00
ブライダルベール滝 (189m)
流れ落ちる水がまるで花嫁のベールのようなことから
この名が付けられたとか・・・
陽光にキラキラと輝く水しぶきは天然マイナスイオンの宝庫!

Dscf5573

Dscf5600

Dscf5589
 
PM 3:30
バレーの中心へ向かいつつ、
巨大一枚岩のエルキャピタンを横目に走り
次は Swinging Bridge へ。
足元を流れるマーセド川はアオともミドリとも読む『碧』がピッタリ。

Dscf5616
 
Dscf5622
 
橋の上からの眺めは正面にヨセミテ滝、
いや~絶景かな絶景かな☆絵葉書になりそうな景色です!
  
Dscf5631
 
Dscf5651
 
Dscf5660
 
PM 4:00
さらに数分走ったところにある Sentinel Bridge
透明な水がキラキラと流れていて、
ずーっと見ていたい美しさ・・・

本来、ココからはハーフドームが見れるはずですが
なぜか写真に写っていない(笑)


Dscf5695
 
Dscf5698
 
草原越しに、ヨセミテ滝も見えます・・・
 
Dscf5678
 
本日のお品書きもそろそろ終盤・・・
 
PM 4:30
Royal Arches という岩山を背景に建つ
ヨセミテを代表する老舗ホテル The Ahwahnee を見物。
王室や大統領も御用達で、国指定の歴史建造物でもあります。
木と石の造りが、ヨセミテを体現するかのようで素敵☆
 
山岳リゾートの老舗ホテルときいて思い浮かぶのは
「上高地帝国ホテル」「日光金谷ホテル」
なんとなく存在感が似ている!?
 
Page2
ダイニングルームはなかなかの趣と開放感!
 
Dscf5727_2
 
PM 5:00
ホテル散策を終えた後は、近くの草原脇に停車し
ロイヤルアーチーズとハーフドームを眺め終えたところで・・・

Dscf5732

この日の行程は無事完了~

車内に食べ物を残さないよう
全てを部屋に運び込み、今宵の宿にチェックイン。
 
PM 7:00
山間のバレーは間もなく日没・・・

Dscf5785

早起き&まともな食事をしていないこともあり
夕飯はガッツリ肉を! @Ahwahnee Dining Room
予約なしの場合は19:30~入店可
男性ドレスコードは襟付きであれば上着なしでもOKとのこと。
噂ほどには厳しくなさそうでしたwink 

夜は落ち着いた雰囲気でしたが、
個人的には昼間みた明るい時間帯の雰囲気がスキかな・・・

Page4
Dscf5792

夜は星空がキレイでした~shine
でも、寒かったのであまりジッと観てられず
早々に退散(笑)

明日も、Yosemite Valley 内を散策します! 
 
 

 
ご訪問いただき有難うございます☆
ランキングに参加しています。
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

« Skyr スキールという乳製品らしい | トップページ | ヨセミテ紀行 後編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Skyr スキールという乳製品らしい | トップページ | ヨセミテ紀行 後編 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚↓

  • ブクログ

参加しています↓

来訪者様 ~ありがとう~

  • Flag Counter