« 【2】 黒山の人だかりだった Whistler (土曜:午後) | トップページ | ARTIC (Anaheim Regional Transportation Intermodal Center) »

2015年8月25日 (火)

【3】 5時間で巡る Vancouver (日曜:朝~昼過ぎ)

週末カナダトリップ日曜日の朝から昼過ぎまで・・・
 
荷物をホテルに預け、
バンクーバーダウンタウンを観光します。
帰路のフライトが夕方なので、
午後2時過ぎにはホテルに戻るのが目標!
 
(↓地図画像はココより拝借)
Vancouver_illustrated


8:00 ホテル発
再びスカイトレイン Waterfront 駅へ。

Dscf1737

スカイトレインは3つの路線があります。(4つ目は建設中)
カナダ・ライン/ミレニアム・ライン/エキスポ・ライン
下図のように3つのZONE(1~3)があり、
運賃は通過するZONEの数により異なります。

900pxvancouver_skytrain_mapsvgcrop

ただし平日夕方以降&週末
空港発を除いて全て1ZONE料金(C$2.75)
ZONEに関係なく使用できる1日券(C$9.75)もあります。
1日券は市バスとシーバス(フェリー)も共通利用可能。


8:20 Waterfront 駅到着
駅から徒歩数分の場所にある展望ビルへeye
バンクーバーを一望できる展望台があるとか!
 

8:30 Vancouver Lookout Tower  地図①
営業開始時間ジャストに到着。
冬期は9:00からの営業です。
 
Dscf1775
 
Dscf1742

エレベータ一も番乗り~scissors

展望ビルはこのあたりにありますっ・・・・あっ、違う、
指している場所間違ってるsweat02
 
Dscf1763
 
地上168.6メートルから眺めるバンクーバーのパノラマビュー☆
まだ目覚めきっていない感じの景色?!
ウォータフロント以外は比較的古い建物が多いのかな?
 
Dscf1765
 
Dscf1749
 
Dscf1752
 
Dscf1753
 
Dscf1754

360度を2周して景色を楽しみました!


9:00 Gas Town へ 地図②
ギャスタウンバンクーバー発祥の地と呼ばれる地区。
街灯と街路樹に囲まれた石畳の通りには
古い建物が立ち並び、歴史ある感じ!
Page1
Water St.には世界唯一の蒸気で動くSteam Clock があります。
 
Dscf1786
 
Dscf1793
 
毎時00分と15・30・45分汽笛を響かせ
スチームを吹き出すとか・・・
00分の汽笛は長めらしいので楽しみにしていたのですが、
到着数分間に合わずsweat01
歩きながら音だけ聞きましたnotes

9時15分の汽笛はとても短かったです(笑)
 
参考動画↓



 
9:40 カナダプレイス&聖火台 地図③
カナダプレイス はWaterfront 駅の近くにある複合施設。
マストを模した外観の建物には
客船ターミナルやイベント会場があります。
 
Dscf1802
 
Dscf1988
 
その近くにバンクーバーオリンピックの聖火台
聖火が灯されていないと意外と地味です(笑)
 
Dscf1809

聖火ランナーのつもりで右手をあげて走ってみたけど
恥ずかしいのですぐにやめましたcoldsweats01
 
海(バラード入り江)では水上飛行機
離発着していて気持ちよさそ~
 
Dscf1813_2
 
Dscf1819
 
Dscf1821

湾岸エリアは近代的なビルが林立して、
天王洲アイルっぽい!?
 
Dscf1972
 
Dscf1827

    
10:00 予定変更
この後、スタンレーパークに移動し
広大な公園を一周サイクリングする予定でした。
約90分~2時間で園内の見どころを見て廻るつもりで、
レンタサイクルの割引券も用意していたのですが・・・

さきほどもみかけた水上飛行機が気になり
ターミナルへ行ってみたら
これから出発する便に乗れるとのこと!
急遽20分間の遊覧飛行を楽しむことにしました。
 
Dscf1834

浮いてる・・・
パイロットの挨拶&ビデオ説明、耳栓付き
Page5

10:15 Take Off ! 地図④
 
Dscf1858
 
最初に見えたのはLion Gate Bridge
Dscf1863
 
Dscf1865

Lighthouse Park
Dscf1875
 
Dscf1878

Passage Island
Dscf1893
 
Dscf1885

Kitsilano Beach
Dscf1905

先程までいたCanada Place & Gas town 
Dscf1912

Telus World of Science
Dscf1914

先日、なでしこジャパンが決勝で米国と戦ったB.C. Place
& 今回は都合で会えなかった友人宅も発見 (笑)!
Dscf1917
 
Downtown
Dscf1921_2
 
Dscf1923_2
 
Dscf1925_2

Sunset Beach Park
Dscf1926_2
 
Lost Lagoon & English Bay
Dscf1929_2

自転車で走る予定だったStanley Park
Dscf1933_2

Brockton Point
Dscf1936

20分後、無事着水~
音も揺れも気にならず、楽しい空散歩ができました!

Dscf1955
 
Dscf1957
 

11:10 Yale Town へ移動開始
お洒落タウンらしいイエールタウンに向かう為、
再びWaterfront駅から電車に乗るも・・・
路線を間違えたsweat02
偶然隣に座っていた日本人女性が
声を掛けてくれたので、最短ルートで修正完了good
 

11:30 Yaletown Rounghouse駅 到着 地図⑤
ところどころ坂道もある通りを歩くと
レストランやカフェが賑わっていました。
しかし・・・残り時間が少なくなってきたので
イエールタウンは通過するだけで、
グランビル・アイランドに歩いて向かうことに。
どこをどう歩いたのかは記憶ナシcoldsweats01
 
Dscf1991
 
Dscf1992
 

12:00 Granville Bridge を渡る
途中の橋まで20分ぐらいで到着できたのですが、
そのGranville Bridge が思いのほか長かったsweat01
橋を通らず渡し船で渡ることも可能。

Dscf2010
 
写真正面は1932年築の風情あるBurrard Bridge
写真左にあるのが目指すグランビル・アイランド
 
Dscf1997
 
Dscf1998
 
12:20 Granville Island 到着 地図⑥
橋を渡り切ればさくっと到着できるかと思っていましたが、
橋から島へ降りるのにぐるっと遠回りをしいられ
結局 イエールタウンから40~50分歩いていしまったsweat01
 
Dscf2027_3
 
グランビルアイランド
ショップやレンストランが集まった出島のような観光地。
日曜ということもあり大賑わい!
 
Dscf2030
 
Dscf2034
 
Dscf2082
 
ギャラリーやお土産ショップをからかい・・・
パブリックマーケットで美味しそうな色々にキョロキョロeye
 
Dscf2085
 
Page2
Page3
カナダに来たら是非買いたいアイスワインも各種!
 
Dscf2081
 
ホテルに戻る時間も迫ってきたので
Bridges というビストロでランチrestaurant
ウォータフロントの景色をテラスで眺めつつ
これがこの日最初で最後の食事となりました・・・
 
Dscf2054
 
Page4

14:10 ホテルへ戻る
食後はアイランドのタクシー乗り場から
リッチモンドのホテルへ舞い戻り、
預けていた荷物を受け取ったら駅まで歩いて電車で空港へ!
この日は一日乗車券が大活躍でしたmoneybag
 

15:00 バンクーバー空港着
フライトはあろうことか2時間半のディレイ
わかっていればもっと観光できたのに~bearing
 
下記はターミナルにあったアート作品。
かつてカナダの20ドル紙幣になったこともあるそうです。
(バンクーバー空港内のアート作品紹介はコチラ

Dscf1729
 
20

定刻出発ならLAXに到着するであろう頃になって
ようやく出発airplane
 
Dscf2102
 
Dscf2125
 

22:30 LAX到着

LAXでは駐車場(Lot.C)行きのシャトルが全然来なくて
ターミナル近くに停めればよかったか・・・と
少々後悔gawk
 
25:00 帰宅
帰宅したら日付が変わっていましたcoldsweats01
バンクーバー観光時間よりも、
はるかに長くかかってしまった帰路でした(笑)

以上、少々長くなりましたが
約5時間のバンクーバー観光でしたpencil
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 
 
土日だけでカナダなんて
時間が足りずもったいない・・・と思っていましたが、
なかなか充実の週末を過ごせました☆

久しぶりに車の運転から解放され、
ロッキーマウンテニア号、長距離バス、
市内電車に、水上飛行機に、タクシーにと
公共の乗り物に乗りまくった2日間でした。
(予定ではリフト、ゴンドラ、自転車にも乗るはずだった)
 
バンクーバーは交通システムが整っていてとても便利。
都会には新しい街古い街が混在していて、
周囲にはビーチ公園に、
足を伸ばせばウィスラ―他の大自然もあり、
美味しい食べ物が豊富。
人もとても優しかったです、一度も嫌な思いをしなかった!
日本人遭遇率は地元アーバイン以上でした。

バンクーバーが『世界で一番住みたい都市』
いわれるのがたった2日間でもとてもよくわかりました。
 
今回で概略を知れたので、
二度目に訪れることがあればさらに楽しめそうですhappy01
 
冬にスキーとかski

 
 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
ランキングに参加しています。
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 【2】 黒山の人だかりだった Whistler (土曜:午後) | トップページ | ARTIC (Anaheim Regional Transportation Intermodal Center) »

コメント

バンクーバー良いですね!日本人の留学生やワーホリの人も多そうですね〜
機会があれば、ビクトリアにも足を延ばしてみたいです^_^

Ankoさん
 
コメントありがとうございます。
日本の方とても多かったですよ、ホテルでも
「おはようございます」っていきなり挨拶されたり。
機会あれば・・・というより、
私の場合は懐に余裕があれば・・・再訪したいです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/62147278

この記事へのトラックバック一覧です: 【3】 5時間で巡る Vancouver (日曜:朝~昼過ぎ):

« 【2】 黒山の人だかりだった Whistler (土曜:午後) | トップページ | ARTIC (Anaheim Regional Transportation Intermodal Center) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter