« 友をセドナへご案内~ | トップページ | お土産は Made in Japan »

2015年10月 8日 (木)

エベレスト 3D

映画『エベレスト 3D』を観てきました!
なんとなんと3D映画はアバター以来(笑)
実に5年ぶり~

1996年、実際にエベレストで起きた、
8名の登山家やガイドらが下山途中に死亡した
大量遭難事故を、実話に基づいて映画化した作品。
 
実際にエベレストで撮影されており、
3Dで観る映像は迫力満点。
高さ、雄大さ、寒さ、苦しさ・・・どれもが
想像の域を超え、臨場感にあふれています。

大自然を前に、人間がどれだけ小さな存在なのか、
エベレストがいかに過酷な世界なのかが、
よくよくわかります。


 
この遭難事件のことを知っていても知らなくても
楽しめる作品だと思います!

ちなみに、この遭難事故は事故発生の翌1997年にも
『エベレスト 死の彷徨』という題名で映画化されています。
そちらは、今回の3D映像と比べるとかな~り見劣りしますが、
当時ブームになリ始めた商業登山に
疑問符を投げかけている・・・という点では
今回の作品以上に社会性を感じる作品です。

この事故で生き残ったジャーナリストが書いた遭難記録
空へ エヴェレストの悲劇はなせ起きたか』は
当時の話題作で、なかなか読みごたえある作品。
↓なぜか処分せずに持っている
Imag1461  
 
 
最近のエベレスト遭難事故といえば、
昨年起きたシェルパ16名が命を落とした雪崩事故
これが理由かはわかりませんが、
イッテQのイモトアヤコのエベレスト登頂も中止になりましたね。
再挑戦はあるのか?ないのか?
マッキンリーやキリマンジャロとは別格のエベレスト
ただただ仕事の為だけでたどり着ける場所とは
思えないですが、今後の動向は気になります。
 
そういえば、アメリカ最高峰マッキンリー
つい先日『デナリ』へと名称変更しましたね。
登れないならせめてアラスカ旅行して
下から仰ぎ見てみたい!
 


自分自身、登山をする体力も気力もないくせに、
思い返せば、
野口健さんの作品も読んでいるし、
田部井淳子さん(エベレスト初登頂した女性)の講演も聴いている・・・
なぜか引きつけられる山関係の話題
自分が果たせない夢を
誰かが果たすのを見届けたいのかもhappy01

そして、偶然にもまさに今
栗城史多さんがエベレスト登頂にアタック中
状況が気になります・・・
 
 
追伸:
書き終わった時点で、エベレストからの最新情報。
栗城さん、標高8150m付近で下山を決定、登頂ならず。
勇気ある決断をされたと思います。
お疲れ様でした・・・
 


 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
ランキングに参加しています。
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 友をセドナへご案内~ | トップページ | お土産は Made in Japan »

コメント

私もEverest 3D(IMAX)、見てきました! 初めての3D映画でしたけど、さすがの迫力でしたね。ストーリーの予備知識もなく見てきましたけど、十分楽しめました(内容が内容だけに、『楽しい』という言葉は不適切かも知れませんが…。)
Aragonさんは山関係がお好きなのですね。私は夫の影響で少しずつですが登山を楽しめるようになってきました。ハーフドームの頂上まで登ったのが、これまでの一番の思い出です^^
Everestは映像等で眺めるだけで十分ですけど…苦笑

bonphuさん
 
そう、内容が内容だけに楽しいとはいいにくいですが、
充実の作品でしたネ。
私はこれっぽっちも山登りしないのですが、
無いものネダリで興味だけ、見上げるの専門^^
ハーフドーム!かなりの難関と聞いています、すごいですね!
マラソンも・・・・見習いたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/62432960

この記事へのトラックバック一覧です: エベレスト 3D:

« 友をセドナへご案内~ | トップページ | お土産は Made in Japan »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter