« ティファニーブルーに囲まれながら震災をふり返る | トップページ | お初!マファルディーネとヒカマ(ヒーカマ) »

2016年3月17日 (木)

異国だったヒンズー教寺院 @BAPS Shri Swaminarayan Mandir

友人が訪れた際の写真に魅せられて
一風変わった場所へ行ってきました!
 
チノヒルズにあるヒンズー教寺院
BAPS Shiri Swamarinarayan Mandir
"Mandir" はヒンズー教寺院を意味するそうです。
 
ヒンズー教なんて・・・まったく未知の世界。
ガネーシャぐらいしか知りません!
そのガネーシャだって、この本で知っている程度(笑)
ちなみに最近ドラマ版をみましたが
ラストシーン意外にも泣けた・・・


51bv4lqnq6l
 
もとい!
 
駐車場に入る時点で、
インド人スタッフに両手を合わせてお辞儀をされ
いきなり異国モードsweat01
 
目の前に現れた本殿は
↓↓↓

Dscf9342

驚くほど精巧な石造り!
信じられませんが、全て手彫りらしい(驚)
Dscf9328
Dscf9350

まずは本殿脇の小部屋で、

・ 靴を脱ぎ
・ 手を洗い清め
・ 金色の壺に入った水を受け取り
・ 神様?の頭から水をゆっくり流しかける

その際、お経らしきを唱えながら
祈りを捧げるらしいけれど、もちろん私は無言。
まったく作法がわからないので
粗相のないよう見よう見真似で行動sweat01
戸惑いだらけで肝心の祈りを忘れました(笑)

Dscf9364
Dscf9366

正面の階段を登って中に入ると・・・
Dscf9368
Dscf9363

壁から天井まで、白い大理石の彫刻に囲まれた
祭壇がありました。
(↓下記画像はHPより拝借)
43guidedtour_001

ヒンズーの神々が鎮座しており、
信者の方々が、あぐらをかいたり
腹ばいになったりして黙々と祈っていました。

どんな神であれ、
祈りを真剣に捧げている方の姿には
『ご加護がありますように・・・』と
願ってしまいます。

邪魔にならないよう、
雰囲気だけを息をひそめて眺めるのみ。

それにしても美しい建物です。
Dscf9352
Dscf9354

これらはインドで手彫してから輸送され、
アメリカで組み立てられたとか。

補修なのか?改築なのか?、
建物脇で、石を掘る作業が行われていました。

ビジターセンターの建物は石でなく木彫り
こちらも見事でした!
(↓下記画像はHPより拝借)
02

Dscf9394

売店ではカレーとかスイーツなどの
ご当地食品が売られていました・・・。
なかには得体のしれない物もcoldsweats01
Page

短い時間でしたが、
完全なる異国、終始アウェイ気分、
ヒンズー教に触れるのも、
こんなに大勢のインド人
目の当たりにしたのも人生初!

帰宅してから、少しですがヒンズー教について
調べたりして・・・
貴重な体験となりましたconfident

* 当寺院はアトランタ、ヒューストン等にもあるそうです。 

 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆

ランキングに参加しています。
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

« ティファニーブルーに囲まれながら震災をふり返る | トップページ | お初!マファルディーネとヒカマ(ヒーカマ) »

コメント

うっそこんなのがチノにあったんですね!!行けばよかった~!!
ほんと,SoCalは少し足を伸ばせばさまざまな文化に触れられる国際色超豊かなエリアですよね.

バリ島に行った時、ヒンズー教徒にとって、現世は神になるための修行だと聞きました。
怒りの感情なんてどうして持つことができましょう?と言われた時は衝撃でした。
宗教からの学びは新鮮ですね。

うららさん
 
私も最近知ったばかり!
文化も料理も、各国多種多様に楽しめて
ホントに有難い限りです。
ちなみにロスの東本願寺はまだ行けていないのだけれどね^^

toyotittoさん
 
怒りとは・・・執着からの産物。
つまりは全てを許容すれば怒ることもなくなるのだろうけど・・・
そんなことはなかなか出来なくって(^^;)
新しい学びは何からであれありがたいですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/63357718

この記事へのトラックバック一覧です: 異国だったヒンズー教寺院 @BAPS Shri Swaminarayan Mandir:

« ティファニーブルーに囲まれながら震災をふり返る | トップページ | お初!マファルディーネとヒカマ(ヒーカマ) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚はコチラ↓

  • ブクログ

参加中

メモ

  • カウンター
  • 訪問者様
    Flag Counter