« もはやただ同然の電話加入権 | トップページ | 青菜で常備菜 »

2018年12月 3日 (月)

我が家の長寿鍋

我が家にある最も古い鍋
こちらの銅鍋 

Imag0150
 
かなり昔に実家から持ってきたのですが、
実家の母は祖母にもらったらしい。
 
今までは棚の一番奥にしまっていたので
たま~にしか使用しなかったのですが
最近、置き場所を変えたら
以前よりも使うようになりました。
 
銅鍋はステンレス鍋より熱伝導に優れているので
お湯が沸くのが明らかに早いspa
食材への火の通りもよいgood
この両手鍋、使いやすいサイズだし、見た目もかわいいし、
これからはもっと積極的に活用しようと思いますwink
 
今回写真を撮っていて、
初めて取っ手部分にバラの模様らしきがあることに
気づきました(笑)

使用にあたっての注意しているのは以下down
 
◆銅は「酸」に弱いので・・・
トマトソースやカレーを長時間調理したり、
料理を鍋に残したまま長時間放置するのはNGng
鍋が傷んだり、銅が溶け出して急性銅中毒
起こすリスクがsign01

過去にはこんな事例も↓danger
焼きそばソースやスポーツドリンクに反応し・・・
(ザ・世界仰天ニュース より)

 
◆銅はサビやすいので・・・
水気をよ~く切ってからしまうようにしています。

◆蓋のつまみ部分も熱くなるので要注意!
うっかり忘れてつまむこと数回、アッツ--~impact
 
それにしても・・・
鍋類、フライパン類って、
食器みたいに割れたり欠けたりしないから
増えることはあっても減ることは少ない。
鍋フライパンの過不足ない数量ってどれぐらいだろ?!
 

 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ

« もはやただ同然の電話加入権 | トップページ | 青菜で常備菜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560039/67431651

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の長寿鍋:

« もはやただ同然の電話加入権 | トップページ | 青菜で常備菜 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚↓

  • ブクログ

参加しています↓

来訪者様 ~ありがとう~

  • Flag Counter