« こんな感じの西湖が好き | トップページ | 新入り調味料たち »

2019年9月 3日 (火)

那古観音と崖観音、のち、こぼれ飯 

内房(千葉県館山市)にある古刹・那古観音こと那古寺と、
崖観音こと大福寺を参拝してきました。

いずれのお寺もJR内房線の那古船形駅から1km(徒歩10分)程度ですが、
2つのお寺は駅を挟んで真逆方向にあります。
ちなみに私は車で行ったので徒歩経路は不明です🚗
Fireshot-capture-041-google-wwwgooglecom
 
車から横目に確認した那古船形駅は・・・とっても風情ある駅(^^;) 
1日の利用客が200人以下で、今年4月から無人駅になったらしい。
ドラマに使われそうな趣きでした。
Nakofunakata_sta
(↑画像はWikipediaより拝借しました)


まず立ち寄ったのは
真言宗智山派・補陀落山・那古寺
通称:那古観音
奈良時代717年に、行基が那古の海中から得た霊木で彫った
千手観音菩薩像がご本尊。
駐車場から短い参道を上ると仁王門。
Imag2816

門をくぐると左に鐘楼、右に阿弥陀堂多宝塔、正面奥に観音堂
Imag2817
 
多宝塔の脇に那古山山頂への階段。
Imag2820

海を見下ろすような観音堂は江戸期の建物
長い年月地元の人々を見守ってきた歴史と風格のようなものを感じます。

円通閣の額は老中松平定信公の書だとか。
Imag2819

このお寺は坂東三十三所観音巡礼三十三番目”結願寺”でもあります。
なぜ那古寺が最後のお寺なのかコチラを参照ください(^▽^;)


続いて、訪れたのは
真言宗智山派・船形山・大福寺
通称:崖観音
同じく717年に、行基が漁民の安全を願って山肌の岩に十一面観音菩薩を彫ったことが始まり。
震災や風雨にさらされ劣化していましたが
近年、改修工事が完了し参拝できるようになったそうです。
 
崖にはりつくような観音堂
Imag2856
Imag2855

観音堂までは本堂脇の階段を上っていくと思ったよりもすぐでした(^^♪
Imag2829
Imag2830
Imag2832
 
眺めもよく心地よい風で汗がひきます^^
高所が苦手な人にはちょっと怖いかもしれません。
Imag2849
Imag2836
Imag2840
Imag2844
 
晴れていればよかったのですが・・・(>_<)
Imag2837


2つのお寺を参拝し心もスッキリしたのち・・・
ランチタ~イム🐟

内房を訪れたら、食事はたいてい保田漁協の”ばんや”ですが、
毎度の行列に並ぶのが億劫だったのでこの日は金谷港の”金谷食堂”へ。
外国人留学生?!が一生懸命働いていました。

迷うことなく名物?!『こぼれ飯』(^^♪
本当にこぼれてました~
ネタはイクラ、ウニ、エビ、カニ、イカ、ホタテ、サーモン、
ハマチ、ネギトロ、シラス、穴子などなど
他にも載っていたかもしれないけど覚えていません(笑)
Imag2858
Imag2857
Imag2864
 
帰路は10分後に出港するフェリーに車ごと滑り込み乗船。
かなり短い時間で50台前後の乗車車両の乗船&停車をさばいている
フェリースタッフ、お見事!!定刻出港です☆

船上から久々に間近でコンテナ船を眺められてちょっとワクワク(笑)
釜山から大井に向かうMOL MISSION V.052E
 
予想外の接近(#^.^#)
Imag2873
Imag2871
Imag2868



 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ

« こんな感じの西湖が好き | トップページ | 新入り調味料たち »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな感じの西湖が好き | トップページ | 新入り調味料たち »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚↓

  • ブクログ

参加しています↓

来訪者様 ~ありがとう~

  • Flag Counter