« 久々の外食 | トップページ | 日本最古の灯台 »

2021年3月31日 (水)

旧細菌検査室

明治時代、長崎から始まったコレラの蔓延防止のために
現・横須賀市に「長浦消毒所」が設置されました。
これが横浜検疫所の起源

長浦消毒所はその後、横浜市金沢区に移転し「横浜海港検疫所」と改名。
北里柴三郎の研究助手であった野口英世が勤務しました。

その場所が「旧細菌検査室」と呼ばれるコチラ👇(復元)
20210327_164156
20210327_163140
20210327_163300

細菌培養室や動物実験室、準備室(≒消毒室)などがあります。
冷蔵庫がなかった当時はこの建物の地下の冷暗所で
医薬品等を保管したとか。
 
【動物実験室】
20210327_163326
 
【細菌検査室】
20210327_163828
20210327_163843
 
【準備室】
20210327_163808
 
【地下冷暗所】
20210327_163600

入所早々に野口英世は、横浜港に入港しようとしていた
「亜米利加(アメリカ)丸」の乗員からペスト患者を発見し隔離、
日本へのペスト上陸を水際で食い止めたそうです。
これがその時の新聞記事👇
20210327_163514

現在の横浜検疫所も、この建物のすぐ近くにあります。
20210327_164523

この場所は、埋め立てにより現在は海からかなり離れていますが、
当時はこのあたりが海岸線だったらしく、
検疫の為に上等船客が使っていた施設「一号停留所」が現在も保存されています。
 
【一号停留所】(登録有形文化財・一般非公開)
Fig02
Top
(↑画像は横浜検疫所アーカイブより拝借)

Fireshot-capture-259-google-wwwgooglecom
 
伝染病とか検疫とかウィルスとかが身近な今、
こんなところで社会科見学もいいかもしれません(^^;)
 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ

« 久々の外食 | トップページ | 日本最古の灯台 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々の外食 | トップページ | 日本最古の灯台 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚↓

  • ブクログ

参加しています↓

来訪者様 ~ありがとう~

  • Flag Counter