カテゴリー「文化・芸術・歴史・映画」の61件の記事

2018年2月 7日 (水)

ダイハツ キュリオス(KURIOS)

2015年にカリフォルニアで観た
シルクドソレイユ・キュリオス

「kurios」の画像検索結果

あれから2年ちょっと、今日からいよいよ東京公演
ニュースでも取り上げられていましたtv
注目度高いみたいですね!
Maxresdefault

アメリカの方が公開場所も回数も多いせいか
もう少し手軽な感じがします・・・。
電車に乗ることなく車でぷらっと観に行けたからかな?!
あまり時間通りに始まることもない、自由な感じのせいかな?!(笑)

シルクドソレイユの公演は常設公演移動公演2種類
常設公演全9公演。
常設都市はラスベガス6公演ニューヨークフロリダ各1公演
 
南カリフォルニア駐在の方には
割と近いラスベガスで数多く見れるチャンスが。
近いといっても450~500km、
横浜―京都間ぐらいは離れているけどcoldsweats01

日本で観れるのは移動公演のみなので、
ぜひぜひ駐在期間中に楽しんできて欲しいです!

<過去記事:KURIOS:Cirque du Soleil 参照>
 
 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年1月28日 (日)

工作船資料館

赤レンガ近くにある『工作船資料館』
10年以上前に開館していたそうですが、
全く知りませんでした・・・。
1
(↑上記画像は公式HPより拝借)
 
海上保安資料館でもあるこの展示館には
2001年(平成13年)に東シナ海で起きた
北朝鮮工作船海上保安庁巡視船との
交戦についての資料が展示されています。

おおまかな事件概略はこんな感じpencil
 
・ 不審船(工作船)発見
・ 海上保安庁&海上自衛隊の出動
工作船停船命令を無視して逃走
巡視船、海上・空中への威嚇射撃
巡視船、工作船船体への射撃
工作船、ロケット弾などで反撃、銃撃戦へ
工作船自爆し沈没
 
文字で読む限り”遠くでの出来事”
あまり実感がわきませんが、
引き上げられた工作船や遺留品を目の当たりにすると
工作船への「恐怖」や「怒り」と、
巡視船の海上保安官への「感謝」がじわじわと胸に。
 
漁船にカモフラージュしていた工作船の実体は・・・
TVで見るよりもずっと大きい全長30m
Imag3290
 
船底はスピードが出るようV字型に加工され
Imag3284
 
4基ものエンジンを搭載、
船尾は上陸用の小型船収納スペース
居住空間はほぼナシ。
Imag3296
 
ここに小型船が隠されていました。
Imag3295
 
ボート in ボート、こんな感じです↓
Imag3285crop
 
こちらが収納されていた上陸用の小型船。
ボルボ社のエンジンが積まれ
推定時速90kmがでるよう加工されていた。
ちなみに競艇ボートのスピードですら時速70~80km
Imag3275
 
ロケット弾機関銃水中スクーター自爆スイッチ
Imag3291
 
Imag3292
 
Imag3273
 
Imag3298
 
巡視船が船体へ向けて掃射した
なまなましい弾痕
Imag3278

漁船であるわけがない装備の数々・・・
沈没後に救助を拒否して沈んでいったという
工作船乗組員の使命感の強さにも
おそれを感じます。
 
これは静かな戦争・・・
 
資料館を出ると周りは観光客でにぎわうみなとみらい。
ショップがあってレストランがあって、
カップルが夫婦がぶらぶらしていて、
そのギャップに、あらためて
『守られた平和』に感謝しました。

資料館は無料
一見の価値ありですeye
 

 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年1月22日 (月)

装飾は流転する@東京都庭園美術館

東京都庭園美術館へ行ってきました。
国指定の重要文化財です。

Imgp0162

以前の職場からそれほど離れていないのに
なぜかこの齢になるまで
一度も行ったことがありませんでした・・・sweat02
まぁ、行ったことのない場所は
他にもたっくさんありますけどね~coldsweats01
 
この美術館、もともとは
昭和天皇の皇后(現・天皇陛下の実母)の叔父である
朝香宮家の邸宅だったそうです。

その後は、
1947-1950 吉田茂の仮公邸
1950-1981 西武鉄道(白金プリンス迎賓館プリンスホテル本社
1981      東京都へ売却
1983     都立美術館

見るべきは、本館の内装庭園
外観は特になんてことないかな↓・・・(笑)

Imgp0104
 
ガラス、ウッド、大理石、アイアンや
壁布、エッチング、刺繍などで趣向が凝らされ
華美ではない上品なアールデコ調
各部屋を自由に見学できます。
幾何学なデザインは自分好みでもあり憧れます^^
(↓画像は公式HPより拝借)
Fireshot_capture_120_tokyo_metro__h
 
Fireshot_capture_119_tokyo_metro__h
 
現在は展覧会「装飾は流転する」を開催中。
Fireshot_capture_123_201711182018__

思わぬものが思わぬかたちで装飾されていて
美しい作品の数々を楽しめます。

RIMOWAがこんなに美しく・・・
Imgp0111
 
Imgp0112

タイヤはこんな素敵に・・・
Imgp0113

無骨なはずのトレーラーがこんなにも繊細に・・・
Imgp0156
 
Imgp0114
 
Imgp0115

トランプ、地球儀、クリップも・・・
Imgp0137
 
Imgp0129
 
Imgp0126

『装飾とは?』という問いに
来館者が自由に答えを掲示する部屋もあり、
自分の着こなしや部屋のインテリアを思い返しながら
私も答えを書いてみたりpencil

晴れた日にはカフェやテラスも心地よさそうですsuncloudcafe
Imgp0146
 
Imgp0149

この日は寒かったので庭園は見学せず
美術館のみで終了に。
庭園のみの場合は入場料100円だそうです。
 
お土産は美術館オリジナルの羊羹っぽくない羊羹にしてみた♪
Imgp0147
 
 

 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年10月23日 (月)

横濱JAZZプロムナード

『横濱ジャズプロムナード』は、
プロ/アマを問わず、
市民と共にジャズを楽しもうというイベントで、
1993年間から毎年開催、年々規模を拡大中らしいです。
2017年度は10/7-8(土日)でした。
 
Jazzpro2017
 
横浜市内では、有料イベントのほか、
手軽でおすすめなのが無料街角ライブ
アチコチで開催しています。 

Fireshot_capture_100_i_http___jazzp

街角ライブは無料とはいえ、
半日存分に楽しめるプログラムになっているので、
ご家族で出掛けるのにもオススメ。
私も、友人らやお子さんと楽しんできました。
ちょっとしたおつまみとビールとともにbeerriceball
 
来年も生演奏付のピクニック気分で
出掛けてみようか・・・

 

 
 

ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年10月 1日 (日)

迎賓館 -赤坂離宮-

もう10月になるというのに、
いまさら8月のことを書いてみる・・・coldsweats01

以前から気になっていた『迎賓館』の一般公開
ようやく訪れることが出来ました!
四ツ谷駅から歩いて数分、
かつて東宮御所だった建物は
日本唯一の西洋風宮殿建築 fuji

豪華絢爛!はたまた雅やか!素晴らしかったですshine

参観は事前予約が可能ですが、
混雑していなければ当日参観も可。
参観料金は1000円也。(公開状況及び事前予約はコチラ

正門側から見た本館
Imag2633

本館から見た正門(遠くて見えない)
Imag2630
 
正面玄関&扉
Imag2626

Imag2628

主庭側から見た本館
Imag2609

ちなみに、本館も正門も噴水も国宝です。
館内は写真撮影NGでしたので、
下記画像は公式HPより拝借しました。

最も格式の高い『朝日の間』
絵画修復中のため現在は公開されていません。
Bgei0913

『採鸞の間』
Bgei0909

『花鳥の間』
Bgei0911

『羽衣の間』
Bgei0915

『中央大ホール』
Bgei09071

『中央階段』
Bgei0906

国賓を招き入れ、晩餐会が開かれたり、
首脳会談が行われたり、
条約が調印されたりするその場所sign01
 
意匠を凝らした各部屋には、
豪華なシャンデリア、天井や壁には見事な装飾、
重厚感ある大理石や手の込んだ芸術品。
日本とは思えない別世界がひろがっていましたshineshine

審美眼を疑われそうですが・・・eye
「このゴージャス感、ラスベガスのホテルに似てるね」と
一緒に訪れた友人と話していました(笑)

 
 

 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年9月21日 (木)

東海の名城:掛川城

再びだいぶ前の事・・・
掛川城を訪れてきました。

今年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』とも
多少のかかわりのあるお城。
その天守閣の美しさはかつて『東海の名城』
謳われたそうな。
Dscf7651crop

現在の天守閣は平成6年に再建されたものですが、
急な階段、各種の仕掛け、城を巡るお堀、
天守閣からの眺め、うるさいぐらいの蝉の声、
もしかしたら、今川が武田と戦っていた頃と
それほど変わりないのかもしれません!

Dscf7595
 
Dscf7623
 
Dscf7569
 
Dscf7600
 
興味深かったのは藩政の中心であった掛川城御殿
国内に4か所しか存在しない城郭御殿は、
当時の役所の身分の差や生活がうかがい知れ
なかなか面白かったですgood
 
ちなみに、こんな看板があるぐらいですから、
掛川城といえば山内一豊&千代が有名らしい。
大河ドラマ『功名が辻』の頃は
きっと相当人気ある観光地だったのでしょうね!
Dscf7632

原作(1~4巻)読んだのは確かですが、
ほとんど思い出せませんcoldsweats01
51agrhk1w1lhorz
 
二の丸茶室でお菓子とお抹茶を頂き、
Dscf7648
 
Dscf7658
 
Dscf7674
 
市内で茶そばとカキ氷!
Page

初めて訪れた掛川でしたが、いいところでした~☆

 
 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年9月12日 (火)

世界遺産:富岡製糸場

しばらくぶりの更新ですpencil
 
だいぶ以前の事ですが、
偶然にも正午からレンタカーが格安で借りられたので
半日で往復できるどこか・・・ということで
群馬県の富岡製糸場へ行ってきました。
相変わらず突然の思いつきです(笑)
 
社会科の教科書にも載っていた富岡製糸場
おバカな私にはなぜココが世界遺産に選ばれたのか
イマイチわからないので
それを確認するつもりで見学coldsweats01
 
Dscf7724
 
フランスから人と技術を持ち込み
150年前に官営として設立された製糸場は、
日本の養蚕&シルク産業を著しく発展させ
絹大国「日本」の名を世界に知らしめることに貢献。
工場を支える「工女」全国から集められ
近代国家日本の発展を支えたそうです。
 
Dscf7732
 
Dscf7762
 
Dscf7740
  
Dscf7771

工場を支えた「工女」の活躍を描いた映画『紅の襷』
来月一部劇場にて公開予定です。



約150年前の工場施設ですから決して華やかではありませんが、
往年の賑わいを想像しながら社会科見学・・・
といった感じでした。
 

 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年8月23日 (水)

アルチンボルド展@上野

雨続きでぱっとしない空模様だった先週某日、
ナニカを観ようと、とりあえず上野へtrain
 
ナニカの候補は以下down
① ボストン展 @東京都美術館
② アルチンボンド展 @国立西洋美術館
③ 深海 @国立科学博物館

まずは夏らしくウナギで腹ごしらえ!
目で見て幸せ食べて満足(笑) @伊豆栄
Imag2477
 
Imag2476
 
その後は上野公園を歩いてみた
10年ぶりぐらい?!
スタバとか出来ちゃってて昔よりオシャレ~
昔の上野のイメージは、
テレカの束を持った怪しげな外国人がいっぱいshadowshadow
↑どれだけ昔の話なんだかsweat01(↓画像は公式HPより)
Imgconceptstoredetail108701
 
上記①~③の混雑状況を確認したところ、
① 50分待ち 
② 15分待ち
③ 70分待ち というわけで、
 
アルチンボルド展に決定~
Ogp
  
イタリア生まれのだまし絵の奇才
ハプスブルク家につかえた奇想の宮廷画家。
日本では初めての大規模展覧会だそうです。
Imag2505
 
食べ物や動植物、日用品をモチーフにした作品は
美しく奇想天外で面白かったです!
若干の悪意!?を含んだ寓意的な肖像画などは、
きっと当時の人々を楽しませたに違いない。
Page
記念撮影コーナーには
アルチンボルドメーカーなるものがあり、
「もし私が肖像画を描いてもらったら・・・」
こんな風になる↓↓↓という楽しみ方ができます♪
Imag2493crop

結構似ています、特に頬の膨らみの感じがcoldsweats01
 
 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年7月 5日 (水)

いまさら・・・な場所をぶらり散歩

最近少し意識していること
それは・・・

遠くもないのに、
行こうと思えばいつでも行けるのに、
何度も近くを通っているのに、
なぜか今まで立ち寄ることなかった場所へ、
いまさらながら・・・行ってみること(笑)


大船観音寺@大船
いつも電車の中から観るだけの観音様。
大船駅から歩いて10分程度。
階段の上から現れるお顔に
ちょっとビックリ・・・
Imag1934

Imag1936

新緑の中の真っ白で巨大な観音様は
インパクト大でした。
胸から上しかない観音様ですが、
実は下半身は山の中に埋まっている・・・
そんな噂もあったな~なんて
思い出しました。
Imag1940


円覚寺@北鎌倉
鎌倉時代の古刹、円覚寺は北鎌倉駅の目の前。
いつかゆっくり行こうと思っていて
ウン十年と経ってしまったcoldsweats01
 
歴史の重みを感じる山門(三門)
Imag1945
 
居士林は在家のための専門道場で、
定期的に座禅会が開かれているとのこと。
この日も開催を目前に行列していました・・・。
Imag1946
 
絵図を元に再現された妙香池
Imag1951
 
梵鐘は関東一番の大きさで国宝だそうです。
Imag1961
 
すっかり夏の気配の参道ですが、
まだセミの声はきこえませんでした。
Imag1949
 
Imag1955
 
まだまだ観るべきはいろいろありますが、
空腹に負けてこの日はここまで。
煩悩だらけの私です(笑)
次に訪れるのはいつになるだろか・・・
 

旧朝倉家住宅@代官山
代官山駅から徒歩5分
東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した、
朝倉虎治郎氏により建てられた
大正時代の和風住宅
 
石灯籠
Imag1906
 
Imag1904
 
板張りの廊下
Imag1898
 
Imag1902
 
新緑が、ツツジが、紅葉が美しい庭園
Imag1909
 
Imag1908
 
社交場としても活躍した住宅はとにかく広い・・・
さすが代官山の大地主のお宅ですcoldsweats02
都心とは思えない静けさでした!
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 
いまだに訪れていない見どころは
他にも数々あります。
 
例えば・・・スカイツリー・・・
いつになったら行くかな~(笑)

 
 

 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年6月19日 (月)

クレマチスの丘 @静岡

ネモフィラの季節が終わり、
最近は紫陽花菖蒲が見ごろを迎えています。
青、水色、紫、藤色、白の花は
涼しげで初夏にぴったり!
大好きな色ですhappy01

6月の花といえばクレマチスも。
こちらも似たような色味がきれいな花です。

静岡県にあるクレマチスの丘へ行ってきました。
5月にも訪問したのですが、
とても気に入ったので
クレマチスの見頃に合わせて
今月も行ってきましたrvcar

『クレマチスの丘』美術館や庭園が集まる素敵な空間。
周囲は閑静な住宅街、
花や緑が豊かで、静かで綺麗で・・・
何度訪れても心穏やかに過ごせる
最高の癒しスポットですclover
 
「ヴァンジ彫刻庭園美術館」
Imag1475
 
Imag1487

Imag1483



Imag1468
 
Imag1532
 
Imag1505
 
Imag2061
 
Imag1489
 
Imag1546

Imag2134

Imag2143
 
Imag2016
 
Imag2089
 
Imag2101

小さなせせらぎや吊り橋がある
緑鮮やかな公園
Imag1445
 
Imag1439
 
「ベルナール・ビュフェ美術館」
Imag1446
 
Imag1449

「IZU PHOTO MUSEUM」
Imag1547

現在、ビュフェ美術館内の企画展では
鳥の巣の研究でも第一人者である
絵本作家の鈴木まもる氏の
本物の鳥の巣のコレクションが展示されています。

鳥が作ったとは思えない精巧な巣は
一見の価値ある素晴らしいものでしたeye

Thumbnail_morititle  



 
 

 
 
 
ご訪問いただき有難うございます☆
応援の1クリックを頂けると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

当ブログ内の検索はこちらより

Aragon の本棚↓

  • ブクログ

参加しています↓

来訪者様 ~ありがとう~

  • Flag Counter